トップページ > 骨折と椅子

骨折と椅子

弊社にお問い合わせが多い骨折といえば、
大腿骨頸部骨折/大腿骨転子部骨折と
脊椎圧迫骨折です。

座って心地よく休息できる椅子

ライフチェアの座面は、適度な硬さにより筋肉のリラックスを促し、座りながら心地よく休息することができ、大腿骨の骨折の方が抱えている、 筋肉の痛み(慢性痛)に悩まされ、ついつい横になって休息してしまうといった問題を改善します。肘かけの太さが握りやすく、手で支持しやすいため、立ち上がりが楽に行え、慢性痛の原因となる骨折部位をかばうために太ももの筋肉を過剰に働かせることや、骨折部位をかばいながらの負担の多い立ち上がり動作を予防します。

腰痛の予防・緩和できる椅子

マルチチェアは背もたれの角度、座面の角度を変えられるので、腰の凝りや痛みを感じたときに布団やベッドに寝なくても、椅子に座ったまま休息できます。背もたれと座面は、身体の形状にフィットするので心地よい休息ができ、休息後には再び椅子の角度を起こし動作を行い筋力の向上を図ることができます。この椅子であれば、椅子と布団・ベッドの往復も必要なく、より楽に省スペースで姿勢変換できるため、心身の負担の大幅な軽減が期待できます。

車椅子とは違う見た目・デザイン性

ご紹介した全ての椅子は、北欧デザインの色柄、質感といった、インテリアとしても上質なデザインにより、視覚的にも癒しとリラックスを促します。一般的な車椅子を使っていて見た目・デザイン性が気になっている方は、このような椅子で過ごすことで、毎日の生活が豊かになるでしょう。

マルチチェア は休息する姿勢と動作を行う姿勢の両方を作り出せる椅子であるため、手術をしないで保存的療法を行っている方は、寝たきりや合併症を予防できます。

製品一覧ページはこちら