なぜ パーキンソン病に椅子が必要か?

暮らしに”座れば心身ともに癒しと、やすらぎを与えてくれる椅子”を置きましょう

 

 

 

 

近年 治療に使われる薬物の進歩で徐放剤や貼り薬が登場し、またウエアリング・オフ現象を改善する新薬も日本で開発され、パーキンソン病の方の状態やニーズに対応した薬が選択し易くなりました。また最近京都大学でパーキンソン病患者にIPS細胞を使った治験を開始するニュースが公表されました。保険適用を見据えた基準で実施する訳ですからうれしいニュースです。

しかし 新薬、新しい技術の開発が進んでも完治する治療法はまだ先のことです。言い換えればこれからも長く付き合っていかなければならない病気とも言えます。

パーキンソン病の完治する治療法が開発されるまで、心身共に安らかな解放感とストレスのない日常生活がすごせる介助椅子を部屋に置きましょう。

最強のサポート椅子https://dermeister.co.jp/products/multi-chair/

リハビリテーションはもっとも大事な治療法と聞いております。その為に必要な介助椅子

立ち上がりが楽な椅子

 

 

 

 

 

 

パーキンソン病の色々な症状の為に運動不足になり機能が低下して筋肉、関節も硬くなってきますから、体を動かす事が億劫になります。その結果、寝たきり生活になり身体機能が低下した為に起こる感染症、転落による外傷によって生命をおとす事もあるので、寝たきりにならない為にも優れた”座れる椅子”が必要であります。

寝たきりにならない為に、まず パーキンソン病の方が楽に座る事のできる特別な椅子を日常生活の中心にすえて、椅子からの立ち座り動作によって歩行に必要な下肢筋力の維持を生活の中でリハビリしていけば気楽に続ける事が出来るのではないでしょうか。

例えば歩行が困難になって、足がむくみ、しびれがある場合は足首のトレーニングをテレビを見ながら弊社のオットマンを使ってストレッチすることで、血液の循環を助けるふくろはぎの筋力強化につながり、足に流れてきた血液を心臓に押し戻す力が強まってきます。

Unicode

 

 

 

 

 

 

オットマンのトレーニング方法はブログ参照https://dermeister.co.jp/wps/wp-admin/post.php?post=729&action=edit

また ハイバック椅子の肘は握りやすく腕の力が入りやすく設計されているので、立ち座りが億劫にならずに出来ます。この事によって日常動作がスムーズに出来れば少しずつ体力、気力がつき、転倒して寝たきりになるリスクを軽減できます。

 

 

 

 

 

動けないから動かない? 動かないから動けない?の悪循環を改善する為にも”座れる椅子”が必要です。

立って動くためには、まず安定した座位が確保できるマイスター・ファニチャーが必要です!

精神的なリハビリテーションの為にも必要な介助椅子

 

 

 

 

 

最近 西洋医学では病気が改善されない難病に、鍼灸、気功、漢方薬、音楽療法、アロマテラピー、リラクゼーションなど、患者の体と心そしてその背景にある環境も含めておこなう統合医療を取り入れて、その人の持っている”自然治癒力”を引き出していく方法が広がりをみせています。

パーキンソン病の方が統合医療の一つとしてリラクゼーションを取り入れるのに、マイスター・ファニチャーの楽に座位が確保できる特殊な背と座で構成されている椅子を部屋に置き、安定した座り心地によってもたらされる精神の解放感が本来私たちが持っている”自然治癒力”を高め、病気に対しても、精神的にも強くなっていくと考えております。

マイスター・ファニチャーの、世界でも類のない寝たきり予防のために創られたノルウェー王国の椅子で、座ってもお尻が痛くならず、何時もの鬱々とした悲壮感、不安感、失望感が爽快感に変わっていくことを家族の方と共に体感してください。

治療の第一歩は座り心地のいい”生涯椅子”を生活の中において、自分の居場所を設定することからスタートしましょう。そして1日でも長く自立した生活をして健康寿命を伸ばしていきましょう。

https://dermeister.co.jp/sick-chair/parkinsons-dis/

北欧家具のマイスター・ファニチャーはその実現のために,貴方のお役に十分立つと確信しております
北欧家具のマイスター・ファニチャーは他の国産の椅子と比較すると割高ですが、特別に病気、寝たきり予防のために開発された椅子です。一般の椅子では実現できない”癒しとやすらぎ”を与えてくれるマイスター・ファニチャーの椅子は値段に置き換えることはできません。

関連記事

  1. 安心介護の椅子

    寝たきりを予防する高齢者椅子の選び方7つのポイント

  2. 脳梗塞で後遺症のある方に使っていただきたい椅子 3つのポイン…

  3. 寝たきり予防の高齢者椅子と普通の椅子との違いは。

  4. パーキンソン病の日常生活改善に役立つ椅子選び5つのポイント

  5. 座面高の調べ方

  6. なぜ、認知症介護に椅子が役立つのか?