パーキンソン病に役立つ椅子

マルチチェアは、お勧めの3つのポイントがあります。
1.立ち上がり時の転倒不安を解消する椅子。
2.傾く事なく、真っすぐ椅子に座っていることが出来ます。
3.筋固縮などの状態を緩和して、長く座っていることが出来ます。

立ち上がりが、安心して出来る。

椅子とパーキンソン病

元々前屈姿勢なので、少しでも身体が傾くと姿勢を立て直すことが出来ない為転倒してしまう恐れがあります。
その為に→お尻を前に移動させる為に、握り易い肘の太さにデザインしました。

身体を倒すようにして立ち上がる為に肘の先端が手の平に安定して力を入れられる広い平らな面と、立ち上り動作が最後まで転倒しないように、強く握っていられる肘先形状が必要です。
その為に→立ち上がる時の為に、手の平を押し付けられるデザインしました。

ソファーのような柔らかいクッションですと、立ち上がり時“踏ん張り”が利かないので、立つまでに大変疲れてしまいます。その為に→立ち上がりを補助する”踏ん張り”の出来る座クッションを取り付けてあります。

立ち座りが楽に出来る椅子は運動不足を解消してくれます。自分で立つことをしないと、筋力の低下は進んでいきます。椅子から立つ動作は自宅でのリハビリになり、筋肉や関節の衰えを解消してくれます。

抱きしめられてるフィーリングが、あなたの幸せを作ります。

座位のフィット感が幸せです

楽な姿勢と椅子

正しい姿勢で、長く座っている事が出来ない病気で、座っている時にも、姿勢をまっすぐ保つことができず、斜めに傾いたり、前や後ろに倒れてしまいます。その為に→弊社ハイバックチェア【マルチチェア】の背のクッションが左右から体幹を抱え込むように張り出しているので、パーキンソン病特有の右側に傾く姿勢を防いでくれます。

 

この椅子は体重を受ける座面は硬いけど体圧分散に優れたクッションです。なぜそのような背と座が出来たのか→背と座の部材を製造しているのが、高齢者椅子のノウハウを持っているノルウェー国のモールドウレタン製造会社です。座と背の違う能力のコンビネーションで最大の体圧分散が発揮出来るように設計してあるので安定した座りが出来ます。

 

他に優れた機能を装備→マルチチェアには<リクライニング機能>背のみを後ろに倒す機能と<ティルト機能>座と背を一緒に後ろに倒す機能の2つの機能が装備されているので、その日の身体の症状に合わせた座角を調整できるので、緊張による筋の固縮も緩和されて常に快適で座ることが出来ます。

その座り心地は、まさに繭に包まれるような座り心地、ストレスを解消して幸せな気持ちにしてくれます。

精神的なバリアフリーが大事

福祉先進国北欧では、シニア対策の段差解消よりももっと必要なバリアフリーとして、精神的なバリアフリーを重視しています。日常生活で、食べ物をこぼすことが多くなります。
椅子の上張地が食べこぼしで汚くなると張替を業者に依頼し、費用が掛か借ります。
自分が病気なので、家族に迷惑を掛けると自責ん念に取りつかれ、精神的に落ち込んでいきます。
この解決として→マルチチェア/多機能椅子は背、座、枕まで脱着して家で洗濯出来るようにしました。

読書もしたい、TV感想もしたい、食事も嚥下障害を考えないでしたい。
この解決方法として→パーキンソン病の方が読書をしたり、TV鑑賞をしやすい角度を、身体の状態によって座位の角度を調整することが出来きるので、いつも最適なポジションを得て過ごす事が出来ます。これはティルト機能とリクライニング機能の2種類の機能が最適な角度を調整出来るようにしました。
ライフチェア/食堂椅子は背が普通の椅子より少し立っているので、むせる、誤嚥を緩和することが出来ます。

同じ姿勢を保持することが難しい方は、姿勢を変えてあげることで寝たきりを予防できます。日々の生活に活力を見出せば、良くなろうと努力される事でしょう。

骨折と椅子痛みの緩和と、立ち振る舞いの手助けができる椅子です。
介護の椅子介護が必要な方にも椅子を活用して自分の居場所を作りましょう。
脳卒中と椅子片麻痺の方が自立生活が出来るように考えられた椅子です。
認知症と椅子怒りが、穏やかな感情に変わり理不尽な態度も減ってきます。