片麻痺と椅子

 

まず【なんで俺だけが!】の精神的なネガティブな気持ちを

払拭する事から始めましょう。

そして 以前の幸せな家庭環境に戻りましょう!

 

この椅子を使った生活がリハビリになる!片麻痺・脳梗塞の方におすすめしたい椅子・マイスターファニチャー・ライフチェアとマルチチェアです。

なぜ! 片麻痺の方に良い椅子が必要か?それは家庭の平和の為。

親の介護と椅子

脳卒中を発症して、幸運に九死に一生を得られた方は、治療からリハビリテーションへと復帰の為に努力することになります。

しかしほとんどの患者の方は、助かったことに感謝すれども自分が障害者として生活していかなければならない不安が先に立ちます。

 

【なんで俺だけが!】この感情が、これからの生活改善の妨げになります。

 

この状況を改善する方法は、家の中に”居場所”を創る事です。その為には高品質な楽な椅子を使用することが改善の第一歩です。

 

退院後ベッド、車いすを居場所に設定してしまうと、精神面の落ち込みを助長することになります。それはリハビリをする意欲を喪失することになりかねません。

自宅に戻られた方にとって、どれだけ椅子が重要なものであるか、介助する方は認識する必要があります。

片麻痺の方が過ごす”居場所”を創る椅子選びのポイントとは?

椅子と脳卒中

日常は無意識に過ごせることが幸せです。一番大切なポイントは座っている事を意識させないで、気持ちを解放させてくれる座り心地のあるクッションを有しているハイバックチェアが必須アイテムです。

朝・昼・夜に、座位の角度を変えられる椅子であれば、健常の状態よりも筋肉が硬くなりすぎたり(過緊張)、柔らかくなりすぎたり(弛緩)する「筋の異常緊張」の予防・改善が見込めます。

身体の状態を緩和してくれる機能がある椅子を選ぶ事により、ストレスが緩和され落ち着いた気分が得られます。立ち上がり時に身体の片側の機能で立ち上がりやすく、立ち上がるまで握っていられる部位がある事がポイントです。

片麻痺の方に生活のパートナーとして、是非お勧めしたい椅子の機能!

【マルチチェア】【ライフチェア】はノルウェー椅子づくりのノウハウをつぎ込んで製造された椅子です。
ノルウェー製モールドウレタン製法の最適な硬さのあるクッションが、立ち座り時の踏ん張りをサポートしてくれます。
座のクッションが硬くても、長時間座っていてもお尻が痛くならないように設計されています。また 片麻痺の方が正しい座位が取れず、無理な姿勢で座り続けるていると1年後には側彎が出たり、下枝の筋群の短縮がおこってきたりします。
マルチチェアは背中の形状をご覧いただければわかりますが、身体を抱きかかえるような構造になっています。座の構造と背の構造があいまって座位が安定するため、寝たきりを予防します。
良い座位は、次に行う動作(立ち上がり、手を動かしての活動等)の改善にも繋がります。

椅子の機能明細説明はこちらから⇒

パーキンソン病と椅子パーキンソン病の方が快適に過ごせる環境を提供できます。
介護の椅子介護が必要な方にも椅子を活用して自分の居場所を作りましょう。
骨折と椅子痛みの緩和と、立ち振る舞いの手助けができる椅子です。
認知症と椅子怒りが、穏やかな感情に変わり理不尽な態度も減ってきます。